プチポンな放課後♪

サロンドプチポンの日々を綴ってます!
<< 雑貨大好き!お買い物〜 | main | 無事にご帰還 >>
出世の石段を登る

〜今日もありがとうございます〜

プチポンとは仏語で小さな橋の意味

代官山<Salon du petit pont>は
「人と人をつなぐ小さなかけ橋」を

モットーに活動しております。

image1.jpeg
(愛宕隧道)



仕事初めの後すぐの三連休、、、

明日は成人の日

これから大人の階段を登る方々を思い

今日は「出世の石段」登って来ました



場所は神谷町駅から5分の「愛宕神社」

足を運んだのは今日が初めて✨



image2.jpeg


愛宕山は東京23区内で

一番高い自然の山だそう

標高26mのその頂上に愛宕神社があります

創建は1603年、慶長8年、

江戸に幕府を設く徳川家康公の命により

防火の神様として祀られたそうです



image3.jpeg



愛宕神社で有名な「出世の石段」は

講談の『寛永三馬術』で有名な

曲垣平九郎(まがき へいくろう)の故事に

ちなんでいるそうで、

大鳥居⛩をくぐってすぐ

どーんとそびえております

傾斜は40度(スキーでは上級コース?)

86段、もちろん踊り場なし

ここを一気に登って行きます



曲垣平九郎さんはここを馬で駆け上り、

神社の梅を将軍家光公に献上

一夜にして馬術の名人として讃えられ

出世したそうですが

結構な傾斜、下は見たくない💦

高所恐怖症ではないものの

何とは無しに左端の手すりを頼りに

一段一段、登りました


image4.jpeg
(頂上から)



頂上に着けば人でいっぱいでしたが

境内には池もあり、眺めも良し

風情良く、気持ち晴ればれでした!


image5.jpeg
(愛宕神社 社殿  HPより)


20代の終わりの頃

神谷町に東京本社があったO社に勤めてて

愛宕山はすぐそこだったのにね〜

あの時に出世の石段登っていたら???

_| ̄|○   

いえいえ、これからですね〜



| petitpon | 旅行/休日 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.salondupetitpont.com/trackback/2003
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE